ホーム > ニュース

マクロビオティックについて

わが国では、明治時代に石塚左玄先生によって始められ、明治29年に「化学的食養長寿論」という本を著し、その中で食育ということばを初めて使ったと言われています。伝統食を守り、食育を進め、その後弟子によって広められましたが、その中でよく知られているのが桜沢如一先生です。先生は日本のみならずヨーロッパに広められ、先生の弟子の久司道夫先生がボストンで活躍され、久司マクロとして逆輸入され、ブームを呼んでいます。大阪では「正食協会」がマクロ(正食)の普及に努め、現在も正食の講座、料理教室などで、啓発活動を続けられています。

基本的には民族の伝統食が基本となります。私は玄米と野菜だけという立場には立っておりません。何事でも主義主張、原理原則にとらわれると、物事の本質から遠ざかる危険性があります。民族の伝統食、すなわち地方食(方食)郷土料理が大切と考えています。その中で食養という立場に立つと、健康なとき、身体が弱ったとき、病気になったときなどはその対策をしなければなりません。食養は時代とともに変化したり強調点が変わることは当然です。それは時代とともに世の中が変わり、食生活が違うからです。

 

食養は個々人によって対応が変わるのです。皆、一斉に同じものを食べているわけではないからです。料理教室では少し極端に、玄米、野菜料理というパターンもあります。またあまり家庭ではしない料理が出てくる場合もあります。個々の料理はそれぞれ意味があって、技術を取得するため、味付けがきちっとできる、集中力、忍耐力を養う、材料を無駄にしない、食べてくださる方に対する思いやりや愛情を込めた料理、さまざまなことを想定して組み合わせます。料理を作りながらそのようなことを感じ取っていただければ、「料理教室」の目的が達成されると思います。いくつかの原則的なことを書きます。毎回そういったことの中からお話しして、受講生の皆様の質問、疑問にお答えしながら進めて行きたいと思っています。

 

オーガニックコットンマスク

products_20.jpg683円

※レストランにて販売しております。インターネット販売はしておりませんので、ご了承ください。
※在庫切れの場合もございますので、事前にお問い合わせください。

有機うんしゅうみかんジュース

products_19.jpg180円

※レストランにて販売しております。インターネット販売はしておりませんので、ご了承ください。
※在庫切れの場合もございますので、事前にお問い合わせください。

有機にんじんジュース

products_18.jpg190円

※レストランにて販売しております。インターネット販売はしておりませんので、ご了承ください。
※在庫切れの場合もございますので、事前にお問い合わせください。

有機あっぷるじゅうす/ぐれいぷじゅうす

products_17.jpg各325円

※レストランにて販売しております。インターネット販売はしておりませんので、ご了承ください。
※在庫切れの場合もございますので、事前にお問い合わせください。

< 前の記事1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページの先頭へ