ホーム > ニュース > オーガニックコラム

動物性食品の摂取について

ベジタリアンについて(知識として)
ベジタリアンについては一般的には菜食主義者といわれる方もありますが、肉類を食べない人たちとも言われていました。宗教上の理由や思想上の信条から肉類を食べない方たちが居られます。また病気や生活習慣病などから健康になるため積極的に、動物性食品を避け植物性食品のみを食する方、また美容のために菜食を続けておられる方もあります。また別の面では、エコロジーの面から動物の餌として大量の穀物が消費されるため、広大な森林の伐採、動物の飼育の現状、土壌の老化など環境に配慮するために菜食を実行されている方、このように菜食の優れた面が受け入れられているのです。

 

ベジタリアンといってもいくつもの段階があり、

ピュアと言われるビーガンベジタリアンがもっとも厳格に菜食を実行されています。
2番目はラクトベジタリアン、乳製品の摂取は認めると言う立場です。
3番目はオボベジタリアン、卵の摂取は認めると言うものです。
4番目はラクト・オボベジタリアン、乳製品と卵両方を認めると言う立場です。
そのほか5番目に魚も認めると言うフイッシュベジタリアンがあります。

私はベジタリアンではありませんが、魚まで認めるとなると果たしてベジタリアンと言えるのだろうかと思います。ベジタリアンを始めたのはピタゴラスと言われていますが、聖書によりますと創世記1章29~30節に、ついで神は仰せられた。「見よ。わたしは、全地の上にあって、種を持つ全ての草と、種を持って実を結ぶ全ての木をあなたがたに与えた。それがあなたがたの食物となる。また、地のすべての獣、空の全ての鳥、地をはうすべてのもので、命の息のあるもののために、食物として全ての緑の草を与える。」するとそのようになった。とあります。アダムとエバに告げられた言葉です。次にノアの洪水の後、創世記9章3~4に「生きて動いているものはみな、あなたがたの食物である。緑の草と同じように、全てのものをあなたがたに与えた。しかし、肉は、その命である血のままで食べてはならない。」とあります。1章では植物性だけを食べるように言われていたものが、9章では動物性のものが与えられています。この間に何があったのでしょうか、実は6章から9章まではノアの洪水について書かれています。洪水までの地球は地球を取り巻く大気の外側が水に覆われていました。洪水が起こった時どのようになったかが書かれていますが、4040夜、雨となって天にある水が地球上に降り注ぎ、地上の山が全て水に覆われてしまったのです。洪水前の地球は水の層によって宇宙線から守られ、北極や南極の氷もなく暖かい地球であったと考えられます。人々は温暖な気候のもと皆長寿でした。アダムをはじめ多くの人は900歳代くらいまで生きていました。洪水後人間の寿命は急速に短くなり、長生きしても120歳となりました。洪水後の環境の激変に対応するために、神は動物性の食物を許可されたのです。ダニエル書の1813節にダニエルが動物性食品を断り、植物性食品のみを与えるよう係りの宦官に言ったことが記されています。ダニエルたちは他の誰よりも顔色もよく、美しく聡明であったことが記されていますが、洪水後一番最初にベジタリアンを実行したのはダニエルであったのではないかと、聖書の記述から推測できます。

 

動物性食品でもレビ記1章8~13節にありますように細かに規制があります。ユダヤ教では生贄として動物をささげていましたが、毎日大量の動物をほふってささげる様は、見ているだけでも動物を食べることに対する罪悪感を持ったことでしょう。動物性食品、特に人間に近い温血動物など、ベジタリアンの方々の気持ちはよく理解出来ます。このように食物は命のあるもので、私たちは自分以外の他のものの命を頂いて生かされているのです。命の無いものは命を生かすことは出来ないのです。1回、1回食する食べ物がどんなに大切なものであるか、私たちはもっと食べ物に対して感謝の気持ちを持っていただかなくてはなりません。植物性の食物にも命があります。お米などの穀物も土にまけば芽が出て育っていきます。レタスなどは上に出てきた葉っぱを切っても切っても次ぎ次と葉が伸びてきます。そして花を咲かせ種をつけようとします。このように食べ物となるものは皆生きているのです。農薬や化学肥料に頼り、生命力の低い農産物より、外観は悪くても有機農法で育てられた逞しい農産物、これが命を強くする食べ物なのです。ベジタリアンでなくても、与えられた食物を感謝して、日々生かされていることに対して感謝して、作られた作物の背景を思い、生産者に感謝していただくことが出来ることは、どんなに感謝な事でしょう。恵まれた環境にあることを感謝しましょう。

 

日々の食事への取り組み
常々100点でなくても70点でも継続することが大切である。と言ってきています。具体的には穀物を主体として、季節の野菜を多く取り、肉類は控え目にというのが私の今までやってきたことですが、食物は本来何でも悪いものは無いのです。ただそこに欲が働いて、金儲けの手段にしたり、むさぼり食べたり、そのために粗悪なものをいいものに見せようとしたり、さまざまな知恵が働きます。金儲けよりも人の命のほうが優先されなければならないのです。もし病気になった場合は厳格な食事療法が必要です。今までの食生活を省みて、何を多く食べてきたか、何が不足していたかよく考えてみなければなりません。特定のものを過剰摂取したのか、栄養過多から起こったものか、栄養不足から起こったものかで対処法が変わります。病気が治れば徐々に普通食に戻さなければなりませんが、そのときが重要なのです。主食であるご飯とおかずの量は半々くらいが適量であると思います。動物性食品はおかずの20%以下くらいに押さえたほうが無難であると思います。健康になったからと言って、前と同じ事をすれば元に戻ってしまうのです。穀物、野菜中心の食生活を常に意識しながら、日々の食生活を考えていく。たまにはハメをはずしごちそうを食べ楽しむことも大切です。その後調整していけば良いのです。それが70点の意味するところです。今回は私が食事に対して思っていること、私自身の指針となっていることを書きました。

 

食品の有効利用と食品公害

世の中には矛盾することが沢山ありますが、食品の加工に於いても、私どもの身近なところでも見受けられます。一例を挙げますと醤油の例があります。原料である大豆は一般的には大部分脱脂加工大豆が使用されています。大豆に含まれる油分を抽出して大豆油として使用されます。20%以上の油が摂れます。油の搾りかすとも言われる脱脂加工大豆は、醤油や味噌をはじめ大豆を使う各分野に於いて使用されます。最後に家畜の飼料になり捨てることなく全て利用されます。

 

ところが、丸大豆を使うのが当たり前としてきた従来の加工方法で醤油も作られていますし、私どもはそれを最上のものとして高く評価してまいりました。醤油を絞りますと上に溶け込まなかった油が酸化油として浮いてきます。これが厄介な産業廃棄物となります。油が浮かない程度にゆるく絞るメーカーもありますが、いずれにしましても油は廃棄物となるのです。粉石けんを長年作ってまいりましたが、石鹸の原料には不適切であったため製造を中止しました。脱脂加工大豆を使えばこのようなことは起こりませんが、出来た醤油の価値が違うのです。私どもは従来どおり丸大豆醤油を愛用しているのです。

 

大豆蛋白食品
丸大豆か脱脂加工大豆使用か定かではありませんが、豆乳からグルテン製品まで幅広く使われます。ベジタリアンやマクロビオティックを取り入れておられる方は、広く利用されています。加工の工程で、ある種の添加物、或いは化学的処理がどのように行われているかはわかりませんが、愛用者には利用する理由があり、肉類の代替食品として必要なものなのです。

 

輸入大豆
国産大豆は10%未満です。510%ではないかと思われます。アメリカでは遺伝子組み換えが大部分といわれているにも関わらず、大豆製品に遺伝子組み換え大豆を使用している表示は見当たりません。遺伝子組み換え大豆を使用したものは存在しないことになっています。

 

原料の有効利用
今後、食糧生産、自給率の向上などを考えるとき、地球規模での食糧対策を考えなければなりません。化学処理をしないで加工が出来ないものか、技術開発が急がれることと、食の変化に対応できる環境づくりも提言されるようになるのではないかと思います。この分野での研究開発を期待します。

 

冬の食事・身体を温める

最近「体温を上げて病気を治す」というような本などよく目にします。日本人の特に若い人たちの体温低下が進んでいることはよく言われています。普通、体温(平熱)は36.7度と言われますが、今の時代36.7度の体温の人がどれだけあるでしょうか。低体温による障害が起こってきているのです。

 

原因の一つは白砂糖の摂り過ぎ、砂糖はサトウキビであれば熱帯、亜熱帯に属する地域で栽培されることが多く、陰陽で言えば陰性の食物で、さらに精製することによって、カルシュームなどのミネラルを奪う食品に変質します。知らず知らずのうちに自動販売機から手軽に、1日何本ものドリンクを飲むとかなり大量の白砂糖を摂取します。それと共に添加物として、縮合リン酸塩などが含まれているものが殆どで、体内のミネラル分カルシュームなどの消費が多くなります。このような食品に含まれる物質が体温を下げる働きをします。 その他スナック菓子、ジャンクフードと呼ばれる食品など、健康に害を及ぼす食品をとることで、体調の変調をもたらすことになります。

 

塩の問題
一般的には減塩が叫ばれ塩を多く取ると高血圧、心臓病、腎臓病など、或いは癌対策としてもよく言われ、家庭の食事も全体的に薄味の傾向にあります。前から言っていますように、人間の体液の塩分濃度は0.9%です。人体にとって塩分は最低必要限度0.9%を維持しなければならないのです。塩は摂り過ぎたら喉が渇きますから水を飲みます。そして調節をしているのです。

 

体温を上げる食物として生姜などを食べることが進められていますが、このように体温を上げる食べ物を摂取することが大事です。よく火を通した根菜類の煮物、温かい食事を取ることに努めましょう。冬は鍋物などを食する機会が多く鍋物で部屋も暖かくなり、体温の維持も出来やすくなります。料理も油を使うことも多くなります。油は1g当たり9k

 

カロリーと熱量が多く発熱にとっては効率的な食物です。味噌汁の野菜でも胡麻油で少し炒めて使うとか、豚汁とかボルシチ、シチュウなどもカロリーも高く、身体を温める食事です。冬は寒い地方でよく食べられる食事などを取り入れるのもよい方法であると思います。それと共に身体をよく動かすことです。筋肉は発熱器官です。人が動くと書いて働くという字になりますが、よく筋肉を動かすことです。身体を働かせることです。散歩だけでも大きな効果があります。身体を動かさないでじっとしているのが一番よくないでしょう。よく食べて動いて、夜早く寝て充分睡眠をとり、朝早くおきて動き回る。書くことは簡単なことですが、私自身もどれだけ出来ているか、いつも自分のことが一番後回しになっているようで、いたわることも大事だとは思っていますが・・・。

 

白砂糖の害

白砂糖を使用しない理由
1.一物全体食ではない

2.糖反射が起きる

3.血糖値のバランスが崩れる

4.ミネラルバランスが崩れる

 

砂糖には、原料から見るとサトウキビと甜菜糖(砂糖大根)の2種類があります。他に砂糖に変わるものとして蜂蜜とメイプルシロップがあります。甘味料に使用されるハーブの一種でステビアなどがあります。

 

砂糖の製造工程
砂糖は大きく分けて含蜜糖と分蜜糖に分けられます。含蜜糖の中には黒糖と粗糖ザラメがあります。和砂糖とか内地で作られているものもこの中に入るものです。分蜜糖には上白精糖とかグラニュー糖があります。

 

砂糖を作る工場
沖縄では製糖工場、内地では精製糖工場の2種類の工場になります。沖縄では白砂糖の原料となる粗糖ザラメと黒糖の2種類の加工しか認められていません。内地では原料の粗糖ザラメを沖縄から入れてグラニュー糖とか白砂糖しか作れません。砂糖は国の管理の下で、沖縄及び離島で特産のサトウキビで振興を図るための特別処置法で守られています。

 

砂糖もサトウキビを搾った状態ではミネラルもビタミンも多量に含まれていて、蜂蜜よりも多いものもあります。黒糖には石灰が使用されカルシウムの含有量も多いのです。精製することによってミネラル、ビタミンが失われ純度の高い蔗糖になり、体内で燃焼する場合、必要なミネラルを他から持ってこなければなりません。その場合最も多く使われるのが、カルシウムなどのミネラルです。体の中がミネラル不足になるのです。糖分をとる場合、特にこのことをよく理解して賢く調理しなくてはなりません。

 

精製していないもの、黒糖や蜂蜜、メイプルシロップなどの代用が望ましいです。惣菜に砂糖を中止するだけでも効果が上がると思います。食事の前に甘いものを摂ると糖反射が起きて満たされた状態になり脳に伝達され、あまり食べたくなくなります。食事が終わったあとまだ一品出されても食べることが出来ますが、デザートを食べ、コーヒーでも飲んだ後にもう一品出されても「もうええわ」と食べたくないものです。甘味が入ることによる満足感のために、このような現象が起きるのです。砂糖はその特性をよく掴み賢く使いましょう。

 

季節と食、旬とは

季節感がなくなり、何が旬のものかわからないとはよく聞くことです。例えば夏は気候的には強い陽です。陽の中では陰のものが育ちやすいのです。暑さに負け ないもの、冷やす力の強いものが育ちます。作物では蔓になって上に伸びるもの、土の上で横にはうもの、土の中で横に伸びるものなどです。茎の中が空洞で あったり暑さに耐えられるものしか成長しないものなのです。茄子、胡瓜、トマトなど典型的な夏野菜です。胡瓜でよく言われるのは、陰性の度合が胡瓜1本と水1升が同じであるというように、暑さに対して強く、夏バテ防止には11本の胡瓜を食べればよいと言われる訳です。仮に逆のもの、夏に体を温める作用のあるものを食べると違和感を覚えます。夏は体を冷やし暑さから守られるものが必要となるのです。

ただ身体が冷える体質であるとか、弱いところがあるとか、人それぞれ個体差がありますので、食養の立場からはそれなりに考え対処しなくてはなりません。

 

旬がなくなった、或いは季節感がわからなくなった、とはもうずいぶん以前から言われてきたことではありますが、自然界に見る季節の移り変わりからおおよそのことはわかるはずです。年によってそのときの気象によって多少のずれがありますが、春は山の木々も葉が落ちてまるで枯れ木ではないか、と思われる木の枝々が少し膨らんで、緑色かかったように見えてきます。春の態勢に入ってきているのがわかります。この時期畑では白菜、キャベツ、大根なども茎が競りあがり、葉の付け根につぼみが出来てきます。暖かい日が続きますとキャベツなどは外葉が破裂して、一気にトウが立ってきます。この頃が端境期と言われ、冬から春に変わるときで作物が変わってきます。彼岸前に種をまくか、彼岸後に種を蒔くか農家は判断に苦しみますが、12月から1月頃に蒔いた菜類は大きく成長しないまま、トウ立ちをして花を咲かせます。3月始め頃に蒔いたものも同じようにすぐ花を咲かせます。丁度この頃はトウ立ちをしたものを食べる時期で、菜種先のようなものが中心です。山には山菜が食べ頃を迎え、畑に作物がない時期は山に行けば手に入ります。春先の特徴は短期間で上に伸びるものが出来る時期です。菜種先のように若干苦味を持ったもの、山菜の蕗の薹(とう)蕨(わらび)蓬(よもぎ)でも、芹でも、癖のあるものが多く、これらのものは冬の間、体内に溜まった毒素を排泄する働きがあるといわれ、自然の理に叶った貴重な食材です。

 

野菜は薬といわれます
「野菜は薬だ」という題名の本もあるくらい、野菜にはビタミン、ミネラルなど、澱粉やたんぱく質以外に貴重な栄養素を含んでいます。果実などに含まれるビタミンなどの中には、加熱することによって失われるものもありますが、野菜の中には加熱しても失われないものもあります。生でジュースにして飲む場合、薬効として期待できるものもあります。生と加熱したものとでは作用が違うからです。但し、加熱したからと言って効果が全くなくなると言うものではありません。

 

露地栽培と施設園芸
一般的に有機農法といえば露地栽培と思いますが、有機でも施設、ハウス栽培もあります。無加温で雨よけ栽培が目的であれば、路地と栽培時期もあまり変わりませんが、加温栽培であれば冬でもトマトや胡瓜が出来ますし、メロン、西瓜など正月に食べられるわけです。旬に路地で育った野菜と加温ハウスで季節はずれに栽培したものとでは、栄養価が7倍も違うということを聞いたことがあります。価格は栄養価を考えて判断しないと誤ることになると思いました。

 

< 前の記事1  2  3  4

ページの先頭へ